大阪で障害年金の申請に強い社労士なら  かめい社会保険労務士事務所

障害年金サポートオフィス

かめい社会保険労務士事務所

530-0022大阪市北区浪花町1-23 第10新興ビル303
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝を除く)

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山といった関西エリアを中心に全国対応いたします

無料相談実施中

お気軽にお問い合わせください

まずは無料相談をご利用ください

06-6147-8535

そしゃく・嚥下機能の障害

そしゃく・嚥下機能の障害による認定基準の説明です。

そしゃく・嚥下機能の障害

障害の程度障害の状態

2級

  • 流動食以外は摂取できないもの
  • 経口的に食物を摂取することができないもの
  • 経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの(食餌が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれを防がなければならないもの、または、一日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)

3級

  • 経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの
  • 全粥又は軟菜以外は摂取できない程度のもの

障害手当金

  • ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のもの

​​※ 障害手当金に該当する程度の障害の状態があって、症状が固定していないと判断される場合は3級に認定される。

 

  1. そしゃく・嚥下機能の障害は、歯、顎(顎関節も含む。)、口腔(舌、口唇、硬口蓋、頬、そしゃく筋等)、咽頭、喉頭、食道等の器質的、機能的障害(外傷や手術による変形、障害も含む。)により食物の摂取が困難なもの、あるいは誤嚥の危険が大きいものである。
  2. そしゃく・嚥下機能の障害の程度は、関与する器官、臓器の形態・機能、栄養状態等も十分考慮して総合的に認定する。
  3. 歯の障害による場合は、補綴等の治療を行った結果により認定を行う。
  4. 食道の狭窄、舌、口腔、咽頭の異常等によって生じる嚥下の障害については、そしゃく機能の障害に準じて、すなわち、摂取し得る食物の内容によって認定を行う
  5. そしゃく機能の障害と嚥下機能の障害は、併合認定しない。 

無料相談を行っています

まずは無料相談をご利用ください。

06-6147-8535

受付時間
9:00~18:00(土日祝を除く)


・私も障害年金をもらえるでしょうか?
・初診日がいつになるのかよく分からないのですが?
・依頼をすると費用はどのくらいかかるのでしょうか?

代行依頼を前提としたご相談でなくても構いません!

障害年金についてお困りのことがあれば、まずはお電話か無料相談フォーム、FAX等でお気軽にご相談ください。

一般的なご質問に対しても、障害年金専門の社会保険労務士 亀井 がお答えします。

無料相談フォームはこちら