大阪で障害年金の申請に強い社労士なら  かめい社会保険労務士事務所

障害年金サポートオフィス

かめい社会保険労務士事務所

530-0022大阪市北区浪花町1-23 第10新興ビル303
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝を除く)

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山といった関西エリアを中心に全国対応いたします

無料相談実施中

お気軽にお問い合わせください

まずは無料相談をご利用ください

06-6147-8535

障害年金における診断書

障害年金における診断書は、障害の種類によって8種類に分けられています。

眼の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、糖尿病性白内障、白内障、併発白内障、老人性白内障、後白内障、網膜血管硬化症による視力障害、網膜中心静脈血栓症、緑内障、単純緑内障、低眼圧緑内障、慢性うっ血緑内障、強度近視、極度近視、ベーチェット病、脳腫瘍、高度近視、網脈絡膜萎縮、網膜剥離、角膜潰瘍、角膜混濁、瞳孔閉鎖、ぶとう膜炎、角膜変性症、視神経萎縮、眼球癆、外傷性無眼球症、人工的無眼球症、無水晶体眼、トラコーマ睫毛乱性、トラコーマパンヌス、人工的水晶体欠損症、後部硝子体剥離、硝子体出血、黄斑部変性症、黄斑部裂孔、近視性黄斑部変性症、無眼球、小眼球、牛眼 など

聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、音声又は言語機能の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:神経性難聴、感音性難聴、混合性難聴、進行性感音性難聴、メニエール病(聴力)、ストマイ難聴、突発性難聴、聴神経変性、先天性聾、喉頭腫瘍(咽頭腫瘍及び喉頭癌を含む)、上顎腫瘍、脳出血・脳梗塞などの脳血管障害(言語)、中耳性疾患、脳性疾患 など

肢体の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:脳出血、脳血管障害、脳梗塞、脳軟化症、くも膜下出血、被殻出血、脳幹出血、橋出血、脳内血腫、脳循環障害、脳動脈瘤、動脈硬化症、中大脳動脈閉鎖症、中脳水道閉鎖症、脳挫傷、硬膜下血腫、脊髄血管障害、突発性脊髄硬膜外血腫、内頸動脈血栓症、前脊椎動脈症候群、痙性麻痺、不全麻痺、下肢血行障害、片麻痺、ビュルガー氏病、ギランバレー症候群、パーキンソン病、パーキンソン症候群、進行性核上麻痺、後縦靱帯骨化症、脊髄小脳変性症、小脳失調症、スモン病、筋萎縮性側索硬化症、進行性筋ジストロフィー、筋緊張性ジストロフィー、進行性筋萎縮症、多発性硬化症、進行性脊髄性筋萎縮症、多発性筋炎、皮膚筋炎、ベーチェット病、頭部外傷、外傷性頸部症候群、変形性脊椎症、脊椎仮性辷り症、強直性脊椎炎、頸椎後縦靱帯硬化症、頸椎症、頸髄症、脊髄炎、脊髄損傷、頚髄損傷、アミロイドニューロパチー、関節リウマチ、腰椎椎間板ヘルニア、悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(関節症状)、痛風、変形性股関節症、股関節脱臼、神経病性関節症、股関節結核、腰椎辷り症、膠原病、変形性膝関節症、突発性大腿骨頭壊死、骨髄炎、関節拘縮、クーデンベルグベランデル氏病、切断、骨折、圧迫骨折、火傷、挫滅創、レイノー氏病、骨腫瘍、癌転移、皮膚癌、多発網状組織球症、脳性小児麻痺、脊髄性小児麻痺、線維筋痛症 など

精神の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:うつ病、躁うつ病、統合失調症(精神分裂病)、精神発達遅滞(知的障害)、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、妄想性障害、非定型精神病、老年痴呆、動脈硬化性痴呆、外傷性てんかん、脳梗塞による器質痴呆、精神遅滞(知的障害)、アルツハイマー病、てんかん性精神病、進行麻痺、自閉症、高次脳機能障害 など

呼吸器疾患の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:肺結核、肺結核兼混性肋膜炎、結核性膿胸、間質性肺炎、肺腫瘍、慢性気管支炎、気管支喘息、非定型抗酸菌症、慢性呼吸不全、肺性心、肺気腫、石綿肺、じん肺、肺線維症、けい肺結核 など

循環器疾患の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全、心房細動、三尖弁閉鎖不全、突発性心筋症、僧帽弁膜症、大動脈弁閉鎖不全、大動脈弁狭窄症兼閉鎖不全、大動脈炎症候群、大動脈弁膜症、大動脈解離、肺動脈弁狭窄症、連合弁膜症、心筋梗塞、心筋症、突発性心筋梗塞症、うつ血性心筋症、狭心症、収縮性心膜炎、心不全、肝性心不全、動脈硬化性心疾患、洞結節不全症候群、洞機能不全症候群、動脈管開存症、アダムス・ストーク症候群、うつ血性心不全、完全房室ブロック、房室解離、徐脈頻脈症候群、冠動脈硬化症、WPW症候群、発作性心拍症、心房中隔欠損症 など

腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:慢性腎不全、糖尿病性腎症、腎不全、糸球体腎炎、慢性腎炎、腎炎、両側水腎症、ネフローゼ、痛風腎、糖尿病、悪性糖尿病、肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎、ルボイド肝炎 など

血液・造血器、その他の障害用

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

主な傷病名:癌(がん)、悪性腫瘍、大腸がん、人工肛門、膀胱がん、人工膀胱、尿路変更、直腸腫瘍、膀胱腫瘍、膀胱潰瘍、直腸狭窄症、クローン病、汎強皮症(膠原病)、臓器移植、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群、化学物質過敏症、脳脊髄液減少症、GVHD、全身性エリテマトーデス(全身症状) など

 

基本的には一つの傷病について上記の診断書のうちいずれか一つを使用することになりますが、一つの傷病で二つ以上の障害がある場合は、それぞれの障害に応じた診断書が必要になります

例えば、脳梗塞などの脳血管障害により、肢体の障害に加えて器質的な精神の障害が併存する場合などは、肢体の障害用(様式120号の3)と、精神の障害用(様式120号の4)の二つの診断書が必要になります。

 

診断書は基本的に年金事務所や街角の年金相談センター、市区町村の窓口で受け取り、医療機関に記載を依頼します。 

無料相談を行っています

まずは無料相談をご利用ください。

06-6147-8535

受付時間
9:00~18:00(土日祝を除く)


・私も障害年金をもらえるでしょうか?
・初診日がいつになるのかよく分からないのですが?
・依頼をすると費用はどのくらいかかるのでしょうか?

代行依頼を前提としたご相談でなくても構いません!

障害年金についてお困りのことがあれば、まずはお電話か無料相談フォーム、FAX等でお気軽にご相談ください。

一般的なご質問に対しても、障害年金専門の社会保険労務士 亀井 がお答えします。

無料相談フォームはこちら