大阪で障害年金の申請に強い社労士なら  かめい社会保険労務士事務所

障害年金サポートオフィス

かめい社会保険労務士事務所

530-0022大阪市北区浪花町1-23 第10新興ビル303
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝を除く)

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山といった関西エリアを中心に全国対応いたします

無料相談実施中

お気軽にお問い合わせください

まずは無料相談をご利用ください

06-6147-8535

相当因果関係とは

障害年金の請求において、前の疾病または負傷がなかったならば後の疾病(通常、負傷は含まれない)が起こらなかったであろうと認められる場合は、相当因果関係ありとみて前後の傷病は同一傷病として取り扱われます。

相当因果関係ありとして取り扱われるもの

相当因果関係ありとして取り扱われることが多い例

 

  • 糖尿病糖尿病性網膜症または糖尿病性腎症、糖尿病性壊疸(糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症)は、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 糸球体腎炎ネフローゼ含む)、多発性のう胞腎、慢性腎炎に罹患し、その後慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 肝炎と肝硬変は、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 結核の化学療法による副作用として聴力障害を生じた場合は、相当因果関係ありとして取り扱われます。
     
  • 手術等による輸血により肝炎を併発した場合は、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • ステロイドの投薬による副作用で大腿骨頭壊死が生じたことが明らかな場合には、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 事故または脳血管疾患による精神障害がある場合は、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 肺疾患に罹患し手術を行い、その後、呼吸不全を生じたものは、肺手術と呼吸不全発生までの期間が長いものであっても、相当因果関係ありとして取り扱います。
     
  • 転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは、相当因果関係ありとして取り扱う。

 

などがあります。

相当因果関係なしとして取り扱われるもの


相当因果関係なしとして取り扱われるものを一部例示すると、

  • 高血圧脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱う。
  • 糖尿病脳内出血または脳梗塞は、相当因果関係なしとして取り扱う。
  • 近視と黄斑部変性、網膜剥離又は視神経萎縮は、相当因果関係なしとして取り扱う。

などがあります。

医学的には、高血圧と脳出血は「因果関係」がありますが、障害認定基準における「相当因果関係」は無しとされます。

無料相談を行っています

まずは無料相談をご利用ください。

06-6147-8535

受付時間
9:00~18:00(土日祝を除く)


・私も障害年金をもらえるでしょうか?
・初診日がいつになるのかよく分からないのですが?
・依頼をすると費用はどのくらいかかるのでしょうか?

代行依頼を前提としたご相談でなくても構いません!

障害年金についてお困りのことがあれば、まずはお電話か無料相談フォーム、FAX等でお気軽にご相談ください。

一般的なご質問に対しても、障害年金専門の社会保険労務士 亀井 がお答えします。

無料相談フォームはこちら